お知らせ
オレンジのカプセル

EDは年齢を重ねるとなるものと、漠然とした思い込みを持っている人が多いです。
しかし、実際には4つの種類の原因があり、原因に合わせた対処法が必要になります。

まず、一番多い原因ですが、器質性と呼ばれるものです。
器質とは、臓器や器官の性質のことを言う言葉で、血管や神経の障害によって起こります。
具体的には、動脈硬化や生活習慣病、泌尿器系の疾患や男性ホルモンの低下などです。
ペニスを通る動脈の動脈硬化が進むとEDが起こりやすくなるといった具合です。
勃起をするときには、血液の流れが重要になります。
そのため、喫煙や飲酒などもEDにつながることが指摘されています。
糖尿病まではいかない場合でも、肥満で発症することも多いので注意が必要です。
高血圧や高脂血症などの生活習慣病は血管への負担が強く、EDが進行しやすくなっています。
脳出血や脳腫瘍などは神経を圧迫しやすくなりますし、海綿体の神経や血管を傷つけるようなケガや手術によって誘発されることもあります。

二番目に多いのが、心因性によるものです。
子作りへの重圧や仕事などのストレスなどの精神的な問題から発症します。
心因性は更にパートナーである女性とうまくいっていないなどの現実心因と、幼少期におけるトラウマなどによる深層心因の2種類に分けることができます。
カウンセリングなどを通しての治療が主体になります。
心因性は30代といった比較的若い人にも多く、不安によって更に症状がひどくなってしまうことがあります。

上記のような器質性・心因性によるものの場合、多くは医師にかかると勃起薬の人気ランキングでも必ずと言っていいほど上位に入る、バイアグラやレビトラなどのEDを改善する薬を処方してもらえ、それらを服用することで症状が改善することが多くあります。
ただ、医師にかかるのに抵抗がある方、恥ずかしいと思う方もいらっしゃるでしょう。
バイアグラもそうですが、誰にもバレずにレビトラを買うなら個人輸入を利用する方法もあります。

三つ目は 混合型です。
生活習慣病や動脈硬化の症状を持つ人が、更にストレスを感じることで勃起不全になります。
50代以降になると、体や精神面において何らかの問題を抱えることが多くなります。
年齢が上がるにつれて混合型になる確率が高くなるといっても過言ではありません。
どちらかを重視するのではなく、心身両方の面からのアプローチが必要になります。

四つ目は、薬剤性と呼ばれていて降圧剤、抗うつ剤、向精神薬、睡眠剤、ホルモン剤などを飲むことにより、血流が悪くなり勃起しにくくなってしまいます。
薬の種類によって症状も変わってくるので、降圧剤を飲んだら必ず勃起しなくなるというわけではありません。
個人差が多く、体調によって合う場合と合わない場合があるので、EDの症状を感じたら自分で服用を勝手に止めるのではなく、医師に相談して薬を変更するなどの対応をとってもらえば改善することもあります。

記事一覧

男性としてはパートナーや妻になかなか言い出しにくい話題でもあります。 人によっては男性としての威厳が...

EDは下半身のみならず、男性の気持ちまでも萎えさせます。 ペニスの健康が落ち込みますと、それはライフ...

薬のスプーン

スーパーPフォースはEDと早漏も同時に改善する医薬品になっています。 ED治療薬として有名なバイアグ...

カプセル

ED治療は、専門外来で治療することができます。 専門外来は、女性泌尿器科外来や、男性専門外来など、人...

カプセルのスプーンと葉

男性にとって、自分がEDだと認めることは難しいことですが、兆候を知ることで早目の対処をすることができ...

緑のカプセルと葉と瓶

日本人男性の4人に1人がEDと言われています。 思ったよりも多くの人がなっていると感じるのは、年齢が...